トップイメージ

FXで投資する面白みは一つだけの商品であるにもかかわらず資金投下の期間を短期スタンス・中期スタンス・長期スタンスの3つの中からどれを選ぶかにより投入の方策が異なる部分にあると言われます。

まずは外国の貨幣へ投資の「長い期間の投資」について見てみよう。

長期投資というのは一年以上の長期の投資が基本とされています。

一般的に為替においては一年以上先々の為替のレートが円高であるか、反対に円安になっているかを予想するなんていうことは、たいていの場合困難なはずです。

通常であれば「そこまで後々のことは考えられない」となるのが一般的なのです。

考えられないものを予言しようにも、意味のないことなのです。

したがって外国貨幣を買ったら、その時のレートよりも円が高くなったとしてもその損失分は待っていれば円安に戻るだろうという感じで売買に臨むことが必要です。

為替の利益を大きくするというよりもそれ以外の利益、要するにスワップ金利で儲けることを、初めのターゲットということにして始めましょう。

当然ですが、少しの間に為替変動によるマイナスが非常に大きく膨らんでしまうこともあります。

そのことから、損失に影響のないようレバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を少なめで設定するのは大事です。

FX(外国為替証拠金取引)は差損がある範囲を超えて増えると、追加保証金(追い証)を出さなければならなくなったりまたはストップロス(ロスカット)になってしまったりします。

ロスカットを置いたら、早く売り買いを清算せざるを得なくなり長期投資はストップします。

こういったリスクを抑えるためにはレバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を2?3倍で売買するのが安心です。

次に中期の投資のケースのやり取りを考えてみましょう。

中期の投資のケースは、最大で2ヶ月くらい先を推測してのトレードを行うのです。

為替トレードの時、およそ1ヶ月ほど先のことは、おおよそ、先読み可能でしょう。

G7を始めとした国際集まりや、為替市場で売買している人たちがどういったポイントに興味を持っているかを見れば、ある程度予知できるでしょう。

こうした経済の状態を見る一方で、チャートを見ることによって為替の相場の状態を理解する事ができ、売買を決めるのがいいでしょう。

基本的にファンダメンタルズとテクニックのどちらでも良い方向であり、または買いが一致している時は、まず思った通りに動いていくと思って問題ありません。

そこで保有高を増やすことによって一層多くの利益を狙っていけるでしょう。

最後に短期のトレードの要点です。

ここでの短期スタンスとはつまりは日計り取引を言っています。

為替で日計り取引をする場合ファンダメンタルズは絶対に関わりがないと言い切れます。

なぜなら明日の為替レートの変化にファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)は関連がないからです。

この時の一番のポイントは大規模な催し物があると、それにより相場が著しく動く一瞬を見過ごさないよう取引することです。

例として、米国において雇用統計が公開される、または金融政策決定会合などによって金利が変わるほどの催し。

こうした絶好の機会に変わり目を見逃さないという理由で、短期スタンスは多様なものが必須になる。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.babyproductswholesale.net All Rights Reserved.